カナガンと尿路疾患について

猫は割かし尿路疾患が発症しやすい動物です。

尿路疾患というものは膀胱から尿道に発生する病気のことです。

原因はいろいろで原因が不明な突発性もあります。

原因が不明な場合は偶発性の膀胱炎や食事による尿結晶などがありがちです。

一度なると慢性化してしまう可能性も考えられます。

カナガンでは素材にクランベリーが使われています。

クランベリーはビタミンCとキナ酸がたくさんあります。

またキナ酸は尿路結石がもたらされる値を安定させる効果が存在します。

結石になった場合尿はアルカリ性の状態です。

アルカリ性になると結石もできやすく感染し易くなると考えられます。

クランベリーが加わっていることで多く加わっているキナ酸が体内で酸性になり排泄されます。

クランベリーは他にもポリフェノールやプロアントシアニジンが含有されていて細菌が付着するのを防御したりしてくれます。

 

結石にはいろいろなタイプが存在します。

  1. 体質・遺伝的

親猫が発症しているのであれば発症率が高まります。

  1. オス猫

尿道が狭く詰まりやすく慢性化するからです。

  1. 3歳から5歳

ご飯量も多く活発なため尿路結石がつくられやすい時です。

  1. 長毛種

短毛種よりなりやすくまたこの原因は不明確です。

 

カナガンは尿路疾患の猫の場合でも食べられるキャットフードです。

尿路疾患は重度になると命を落とす可能性もあるのであくまでも一度獣医に診察して貰うことをおススメします。

カナガンのキャットフードがおすすめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です